初桜酒造

初桜酒造

日本酒

初桜酒造(和歌山県かつらぎ町)

創業慶応二年、紀北の水田地帯は恵まれた気候と水により多くの庄屋が酒造りを競う、紀州一の酒造地帯でありました。紀ノ川の水運にも恵まれ、京阪神、瀬戸内をはじめ、遠くは江戸(東京)まで運ばれ、その名は全国津々浦々に聞こえておりました。

かつらぎの地でも最盛期には16軒の酒蔵が東西に軒を連ね、冬の寒風をついて酒を仕込む仕込み唄が
町中に朗々と響き渡ったものでした。

しかし、大手酒造メーカーによる工場での管理された日本醸造が主流となり、自然に任せた地酒の製造は、時代に取り残され、かつらぎの蔵元はとうとう初桜酒造のみとなりました。

初桜の地酒は、高野山の西麓、丹生都比売神社のある天野の里で、契約農家により低農薬で栽培される酒米のみを使用しております。

初桜酒造
初桜酒造
初桜酒造

蔵元について

初桜酒造(はつさくらしゅぞう)

〒649-7112 和歌山県伊都郡かつらぎ町中飯降85

新規会員登録

20,000円以上送料無料

15,000円以上のお買い上げで送料半額

当店の価格はすべて税込です

店長の日記はこちら

カート

商品カテゴリー

ブログカテゴリー

ショッピングガイド

よくあるご質問

お酒は二十歳になってから

会社案内

山根酒店外観

山根酒店

〒646-0022
和歌山県田辺市東山2-16-35
TEL:0739-24-5257
定休日:日曜日